マイクロソフトディベロップメント(株)
代表取締役社長よりメッセージ

ともに世界を騒がそう
From Japan, With Asia, To the World
世界の市場へ、アジアとともに、日本から

Microsoft は、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東など、世界各国に開発の拠点を置いています。私たち MSD(マイクロソフト ディベロップメント)も、そのひとつ。アメリカ・レドモンドにあるメインキャンパスをはじめ、ワールドワイドに広がる開発拠点と緊密なつながりを持ちながら、Windows、Office、Bing など主要な製品とサービスの開発にあたっています。

MSD は、Microsoft のミッション「 Empower every person and every organization on the planet to achieve more. 」(地球上のすべての個人とすべての組織に、より多くのことを達成できるようにする)を実現する開発の重要拠点です。私たちが見つめる視線の先には、常に「世界」があります。日本にいて、日本のみにとらわれることなく、グローバルなマーケットで評価され、多くのユーザーに使ってもらえるような製品を世界に向けて発信する─そんなビジョンをエンジニア全員で共有し、日々新たなチャレンジを続けているのです。

スマートフォン向けのスキャナアプリ「 Office Lens 」は、そんな中で生まれた日本発のプロダクト。MSD のエンジニアたちが、日本のマーケットで得たインスピレーションをもとにデザインし、海外の開発チームが持つ独自技術を組み合わせてつくりました。MSD は、Microsoft が持つ有形無形の財産=先進的なテクノロジーやワールドワイドに広がるネットワークをバックグラウンドとして、感性と技術を研ぎ澄ませ、誰も体験したことがないような感動と喜びを与えられる製品やサービスの開発にチャレンジを続けます。

私は、今でも鮮明に思い出します。エンジニアとして成長したいという欲求から、学生時代に立ち上げたソフトウェア会社を辞めて飛び込んだ Microsoft。そこで一人の天才アーキテクトが作り上げた美しいまでのプログラムコードに出会った時の興奮と感動。会社トップを任された今、開発の仕事に直接タッチする機会は少なくなりましたが、気持ちは今でもエンジニアのまま。世界のユーザーを驚かせ、熱くさせる製品を、新しい仲間とともに作り上げることができたなら、どれほど素晴らしいでしょう。

私が新しい仲間に求めるのは、たった 2 つのことです。それは好奇心と多様性。日常の何気ない会話の中からでも現状突破のヒントを探る知的なアグレッシブさ。異なる考えや価値観をアイディアの源として、言語的にも文化的にも多様なバックグラウンドを持つ人びとと、ともに手を携えて仕事をすることに喜びを見いだせる柔軟性。それこそが、これからのモノづくりで、最も大切な資質だと私は思っています。


安達 理
OSAMU ADACHI
マイクロソフト ディベロップメント株式会社
代表取締役社長

Microsoft は、私が入社した頃とは比べものにならないくらい大きな会社に成長しました。そこに「安定」という価値を見出し、当社を志望するのもひとつの考え方かもしれません。でも MSD には、外から眺めるだけでは決して見えてこない魅力や独自のカルチャーがあります。それをぜひチームメンバーとして経験し、自らの体験として肌で感じ取ってほしい。そのためにも今後、あなたが MSD を、そして MSD があなたをより深く知る場をできるだけ多くつくり、互いの理解を深める機会にしたいと考えています。

想いー MSD を通じて日本のマーケットから世界に羽ばたく製品がいくつも誕生し、若いエンジニアたちの活躍を誇らしげに語れる日が来ること。すべてのエンジニアが、自らの手で生み出した製品を熱く語れる会社であり続けることが、MSD のめざすゴールだと私は確信しています。


安達 理
OSAMU ADACHI
マイクロソフト ディベロップメント株式会社
代表取締役社長

エントリはこちら