MSD(マイクロソフトディベロップメント) について

私たちは、グローバルなマイクロソフト開発チームの一員として、「日本とともに、日本向けに、日本発」の、すばらしいソフトウェアを開発しています。

マイクロソフトには、世界の約50ヶ所に開発拠点がありますが、マイクロソフトディベロップメントはその中の一つの開発拠点です。マイクロソフトでは、Engineering Excellence と Trustworthy Computingを推進しながら、世界レベルの高い製品開発基準に則って、開発を行っています。マイクロソフトディベロップメントも例外ではなく、グローバルな開発体制の中で、他の開発拠点との連携を行いながら、マイクロソフトとしての一貫した開発手法で、先進的で品質の高いソフトウェアを開発しています。

一方で、日本の開発拠点として、日本の特徴をうまく活かしながら、三つの日本を含んだミッションを掲げています。「日本とともに」は、品質に厳しいお客様や日本の優れたパートナー企業との連携を大切にし、マイクロソフトにとってだけではなく、お客様やパートナー企業にも大きな価値をもたらすことができるよう努めます。

「日本向けに」は、日本語版の製品を作るということに加えて、日本の文化や市場に適したソフトウェアを開発します。そして、「日本発」は、グローバルな開発拠点の一つとして、世界中で使用されるソフトウェアを開発します。

グローバルなマイクロソフトのソフトウェア開発に加えて、日本でのソフトウェア開発を行うことで、日本のお客様やパートナー企業の期待に応えられるように、すべてのエンジニアが日々努力をしています。

エントリはこちら