人材育成

選択肢はあなたに

マイクロソフトでは、驚くほど幅広い選択肢が提供されています。特定の分野のスペシャリストを目指すことも、複数の分野を経験して幅広い知識を得ることもできます。と同時に、部下を持たずにスペシャリストとして仕事をしていくのもマネージャーになるのも自由です。さまざまな場所に多種多様な職種が存在するため、1 つの場所で仕事を続けることも、国を越えてキャリアを積むこともできます。

キャリアや専門能力の開発は、社員と上司の協力によって確立され、マイクロソフトの豊富なキャリア リソースがサポートします。会社として当然ながらサポートはするものの、各自のキャリアはそれぞれが責任を持っていると思っています。社員は上司からの支援や指導を受けながらキャリア開発プランを推進し、マイクロソフトは必要なツールやリソースを備えたフレームワークを提供します。

一つ確かなことは、マイクロソフトでは皆が常に前進しているということです。

マイクロソフトの考え方: 道を切り開くのは自分自身

定められた役割

職種ごとに成功のための明確な要件が定められていますが、限界を押し広げて成長するゆとりはたくさんあります。上司による支援は継続的に行われますが、自らさまざまな経験を積み、自身のキャリア パスを計画していただきます。専門分野を追求することも、複数の職務や事業部門を経験し幅広いスキルを身に付けることも可能です。

キャリア パスの選択肢

マネージャーでなくても昇進できます。マネージャーの道を選ばなくともキャリアアップできます。というのも、部下を持たずにスペシャリストとしての仕事を続けることと、マネージメントに進む道の両方のキャリア パスがシニア層のポジションまで用意されているからです。マイクロソフトでは両方の選択肢が公平に評価されています。

社内異動

マイクロソフトでは、全職種一貫してそれぞれに求められる成果を明確にしています。これによって、それぞれの職種に対する理解、異動する際に必要となるスキルの把握と、そのスキルを身に付けるためのスキルアップ プランを容易に立てることができます。

マイクロソフトのキャリア ガイド: キャリアを管理する明確な手法

マイクロソフトのキャリア ガイドは、マイクロソフトでの多彩なキャリア チャンスを最大限に活かし、成功に必要なスキルを構築するのに役立つリソースです。このキャリア ガイドを使用して、キャリア計画を立案し、関心があり、意欲が湧くキャリア チャンスを特定することができます。自己啓発の一環として、その道を代表するような教育機関の講師が指導する 2,000 以上のコースを、オンライン、バーチャル、およびクラスルーム形式で受講できます。社員各自のキャリア開発にこれほどの投資を行っている企業は珍しいのではないでしょうか。

メンターとネットワーク: 成長のためのつながり

マイクロソフトで働く私たちは、知識や経験などを共有して、キャリア目標の達成や公私両面での成長のためにお互い助け合っています。

メンタリングによって、自分の専門分野以外の経験を持つ先輩社員から学んだり、他者とのつながりを通じて自分の成長を促すチャンスを見付けたりすることができます。メンタリングは、大企業をよりアット ホームに感じさせ、さまざまなチャンスをつかみやすくします。

従業員のリソース グループ、ネットワーク、およびソーシャル グループは、共通の趣味やバックグラウンドを持つ社員を結びつけることができます。ペット、ベジタリアン クッキング、または自然環境を愛していますか? 文化的な背景や特別なニーズをほかの社員と共有していますか? マイクロソフトでならきっと同じような興味やニーズを持つ人々のネットワークが見付かるはずです。その人たちとの交流を通じて、自分のキャリアを磨いたりライフスタイルを充実させたりすることができます。マイクロソフト コミュニティーの一員になること、それは豊かで充実した体験になるはずです。

エントリはこちら