Photo of five students sitting in a classroom

社員紹介

サポートエンジニア(マネージャー)/ Kazuya

サポートエンジニア マネージャー Kazuya 2000年入社

サポートエンジニア マネージャー
Kazuya
2000 年入社

Microsoft についてひとこと

私は 2000 年に中途入社したのですが、前職では、大手 SIer で金融や物流などのプロジェクトマネジメントをしていました。当時は、新しいプログラム言語が勃興している頃だったのですが、その会社では使用する言語が決められていて、歯がゆい思いをしていました。エンジニアとして、もっと新しい技術に触れていたい、そう思って転職を決意。マイクロソフトは、最初は堅いイメージを持っていたのですが、面接に来てみたら、180 度イメージが変わるほど、個性的で精力的で、仕事を楽しんでいる社員が多く、一瞬で第一志望になりました。私の技術バックボーンはマイクロソフトの領域とは合致していなかったのですが、おそらく、コミュニケーション能力や技術的好奇心の面を評価してもらい採用になったのではないかと思います。今、私も採用する立場となって、様々な能力、バックグラウンドを持った人とお会いしたいと思っています。もっともっと多様性のあるチームを作っていきたいですね。

Microsoft についてひとこと

1日のスケジュール

7:00-9:00
出社。サポートのコアタイム(9 時~ 17 時)以外はフレックスですが、私は朝型で、だいたい 7 時台には出社して、前日に受信していたメール対応を行います。多くは米国本社のグローバルチームからのメールですね。他には、前日のサポート対応の履歴やお客様からのフィードバックシートも全件目を通します。マネージャーの仕事は、各チームに方向性を示し、メンバーのモチベーションをアップさせることなので、その日に行うべき内容や注意点など朝のうちにビジョンを示すようにしています。
9:00 サポート対応開始。メンバーはそれぞれ、メールや電話でお客様の技術サポートをしていきます。「サポート エンジニア」と聞くと、お客様からの質問にただ対応すると思われることがありますが、ここに入ってくるのは各企業の IT スペシャリストのエンジニアが対応できなかった高度な問題。お客様に状況を確認し、リサーチしたり、グローバルチームに問合せをしたり、あらゆる技術を動員してソリューションを提供していきます。
10:00 メンバーとショートミーティング。サポート状況を見ながら声をかけていきます。マネージャーの仕事で最も重要なのはメンバーのモチベーションを維持・向上することだと思っています。1 回 15 分とか 30 分程度。随時、ぶらっと歩きながら声を掛けていろいろな話をします。今のメンバーは、30 人ぐらいですが、できるだけ全員と話はするようにしています。
11:00-12:00
リーダーと定例ミーティング。サポート部門のミッションは、お客様のビジネスを支援すること。対応完了後はお客様からフィードバックをいただき、今後のサポートに活かしていきます。毎週 1 回の定例ミーティングでは、各チームのリーダーを集め、お客様からいただいた評価内容を細かく見ていきます。良い評価は強化していきますし、満足度が低い場合は、何が足りていないのか、チームとして何をやっていくべきかを決定し、即実行に移していきます。
12:00-13:00 オフィス勤務の日は、ランチは社員食堂で摂ることが多いですね。メンバーと一緒にビジネスと関係ない話しで盛り上がることもあります。
13:00-15:00
この日は、午後イチに 5 人のマネージャーが集まり、最近のビジネスの方向性についてミーティング。私もそうですが、マネージャーの仕事とはメンバーとの面談と言っても過言ではないほど、誰かと面談していることが多く、全員のスケジュールをあわせてやるのは至難の業。スピードが重要なので、必要があればその都度集まって、組織としての意思統一をし、アクションをリーダーへ伝えていきます。ビジネスには流れがあり随時変わっていくので、定例というよりは、必要に応じてすぐに集まりますね。
15:00-17:00 決まった定例のミーティングがないときでも、メンバーの状況を見ながら常に声をかけて面談を入れていきます。1 日に 1 ~ 2 人は必ず面談しているので、おおよそ 2 ヶ月で、全員と 1 回は 1 対 1 の面談をしています。
17:00-19:00 採用面接。マネージャーの重要な役割のひとつとして、多様なスペシャリティを持ったエンジニアを仲間に加えていく、というのがあります。同じようなタイプの人ではなくて、いろんな個性やバックグラウンドを持った人にマイクロソフトに入ってもらいたい。誰にもないような能力や強みを持った人が集まった方が、チームの力は最大化すると思っているので、採用は重要なミッションですね。
19:00
メンバーの状況を確認し、退社します。実は根っからのエンジニアなので、仕事を離れてもつい技術資料などを読みこんでしまうことも。もちろん、オフはしっかりリフレッシュします。

社員紹介一覧ページへ戻る